Malicosmos website:宙先案内人(Cosmos Navigator)高橋真理子ウェブサイト

ワークス::ユニバーサルデザイン

なかなか星空や宇宙に触れることのできない人にこそ、それを届けていきたい、という思いをずっともってきました。山梨県立科学館のプラネタリウムをベースに発展してきた星の語り部のメンバーに、見えない人や聞こえない人が仲間にいるのも、それに向かわせてくれた一つのきっかけ。
その中で行ってきたことや、そこから発展したものなどを紹介します。

★ユニバーサルデザイン絵本「おそらのあれなあに」
NPO法人ユニバーサルデザイン絵本センターとの協同によって生まれた絵本。2011年発刊。この絵本とそれに関連した番組について特集されたテレビ特集は こちら

★夕涼み投影における、「手話つき」「点図つき」投影。
星の語り部が毎年つくってきた「夕涼み投影」の中で、2013年の「指でたどる夏の星座」は、手話や点図を取り入れたもの。また、2012年の「ねえおそらのあれなあに」は、上記ユニバーサルデザイン絵本をもとに話を発展させた番組。

プラネタリウム番組における「副音声」

★全字幕つきプラネタリウム番組
きみが住む星
ねえおそらのあれなあに

宇宙お届け便
視覚障がい児サポート・らんどまーくさんのところで、見えない子どもたちに
Space Fantasy Liveを体験してもらうこともしています。
今後、積極的に情報保障をしていきたいなと思っていますので、お気軽に相談ください。

★ユニバーサルデザイン天文教育研究会
2010年の収録は、こちら
2013年の収録は、こちら
2014年は、山梨県立科学館で「プチ研究会」(50名参加)を開催。「聴覚情報保障と
プラネタリウム」をテーマにおこなった。

星つむぎの村 病院がプラネタリウム ライトダウンやまなし 戦場に輝くベガ きみが住む星